My Blog

多文化共生社会

先日、
浜松市にある南米日系人の学校
ムンド・デ・アレグリア学校に
視察に行ってきました。

校長の松本雅美さんと
ブラジル人教室の小学生たちとカメラ
みんな明るくて礼儀正しくてかわいいラブ

教室では
ポルトガル語を話すブラジル人と
スペイン語を話すペルー人、
また学年別に分かれて勉強しています。
↓廊下に貼ってあった壁新聞。
様々な学校行事に加えて
積極的に地域の行事にも
参加しているそうです。

NHKの時には
以前の校舎で何度か取材させてもらい
(現在は浜松市外国人学習支援センターの2階)、
またその後は
浜松市の番組でも
『多文化共生社会』をテーマに
外国人学校だけでなく
浜松市多文化共生センター
(浜松国際交流協会)など、
広く取材リポートしてきました。

臨時国会でも
外国人労働者の受け入れを拡大する
入管法改正案が議論されることが
予想されるため、
今回改めて現場の声を聞き
課題も含めて勉強してきました。

また、
この日は
いわゆる日本の公立小学校にも行ってきました。
外国人の子どもたちも多く通う
浜松市の佐鳴台小学校。

ここでは国籍関係なく
みんな仲良く一緒の教室で勉強しています。
一方で『取り出し授業』と言って
ボランティアの先生などに
個別に日本語などを教えてもらう時間も。

日本で暮らしていく以上
やはり日本語習得は必須ですよね。

算数も社会も、、、
何でも学ぶには
日本語がわからなければ始まりません。
日本語習得というベースがあってはじめて
他の教科を学び、日本の文化を学び
前向きに暮らしていけるんだと
先生方もおっしゃっていました。

絵を使ったりしながら
楽そうに学習していました。

今回の視察では、
日本語を教える先生はじめ
相談事を受ける窓口や
人と人を繋げるコーディネーターなど、
至るところに人材が足りていないのではと
感じました。
多文化共生社会を考え、
言葉が伝わらない外国人、ではなく
同じ地域コミュニティで暮らす隣人なんだ
という感覚を持って
様々考えていかなければいけない事柄だと
改めて考えさせられました。
Chaoビックリマーク
平山佐知子オフィシャルホームページ
ご意見などはこちらから。
admin多文化共生社会