My Blog

格差を考える調査会

2019-04-23

あまり知られていませんが
参議院にしかない役割、機関があります。
それが調査会です。
議員の任期が長い参議院。
3年に渡って1つのテーマを調査研究し
それぞれの調査会が意見集約して
その後の政策立案にも生かしていきます。

私が3年間所属したのが
『国民生活・経済に関する調査会』。

『あらゆる立場の人々が参画できる社会の構築』
これを大テーマとして
3年間、様々な分野の専門家を
参考人としてお招きし意見を聞いてきました。

実際にこの調査会で出てきた問題点を
別の委員会、私の場合は決算委員会で質問し
全会派の承認を得て
会計検査院のもと
昨年から調査に至るなど
大きく動くきっかけとなりました。
(現在調査中・子供の貧困などについて)

特に調査会は
国会において省庁が入らない唯一の場。

与野党関係なくしっかりとした議論ができる
本当に有意義な時間です。

この日は3年間の調査会、最後の日。
『豊かな国民生活の実現に向けた環境の整備』
に関して
『経済・生活環境をめぐる課題と展望』について
参考人質疑が行われました。

私も、様々な視点での『格差』について
それぞれの参考人に
質問させてもらいました。

特に印象に残ったのが
日本社会では
性別役割負担の呪縛から
逃れられない現実があると訴えられていた
東京大学大学院人文社会系研究科教授の
白波瀬佐和子さんのご意見。

超少子高齢化の日本の将来を考えると
これまで十分に活用されてこなかった人材である
女性や高齢者に対する育成も大事であるし
労働環境の改善が必要だとも
おっしゃっていました。

そろそろ性別役割などという考え方はなくし
多様性、複数のジェンダーが
例えば、子育てにも関わっていくような
社会のあり方が必要なのかと
考えさせられました。
意識改革は時間がかかるかもしれないが
もう待ったなしという白波瀬先生の言葉が
突き刺さりました。

最後の参考人との意見交換を終え
その後は
会派を代表した意見表明をし
3年間のまとめをさせてもらいました。
こうしたことは
例えばニュース等にはなりませんので
地味で目立ちませんが、
まさに参議院ならではの
価値あるものだと思います。
皆さんもぜひご注目ください口笛
Chaoビックリマーク
インスタグラム更新中🎵
平山佐知子オフィシャルホームページ

–– ADVERTISEMENT ––

admin格差を考える調査会