/, 国土交通委員会, 活動報告/水難事故を防ぐために

水難事故を防ぐために

2019-06-03 

今日は議院運営委員会、
明日は国土交通委員会、
木曜日も国土交通委員会と、
今週は3回も質問に立つためバタバタキョロキョロあせる
そして↓は
5月21日の国土交通委員会の様子。
この日は
海や川でのレジャーが盛んになる時期を前に
心配される水にまつわる事故について
質問しました。

水難発生件数を都道府県別に見ると
最も多いのが千葉県、
その次が我が地元の静岡県。

一番問題だと考えたのは、
川や海など水難にあった場所によって
管轄が違うというところ。
いわゆる縦割りの問題ですね。

もちろんどこに連絡しても
最終的にはしっかりと連携して対応くださる
ということでしたが、、、
緊急時は
パニックになっている可能性もあるし
何より一刻を争う事態では
速やかに救助要請できることが大事です。

中でも取り上げたのが『118』。
皆さん、ご存知ですかはてなマーク

海上保安庁では、
海の『もしも』は118番ということで、
海上における
事件・事故の緊急通報用電話番号として
局番なしの『118番』を
平成12年から運用しています。

しかしながら
118番の通報実績を調べると…
なんと、間違い電話等が99%以上びっくり
海上保安庁の全国11管区の職員が
数人で電話を受けているそうですが、
1日平均で100件以上もの間違い電話が
あるとのこと。

これでは、
不審船対処のような国際的な問題から
沿岸で起きる事故まで
様々尽力してくださっている
海上保安庁の業務に支障を来すことも
考えられますあせる

さらなる認知度の向上と
適切に118番が利用されるよう
より一層の広報をお願いしました。

質問時間の最後には、、、
事故が起きないように防止や安全対策こそ大事。
それには何よりも教育だと。
夏休み前に
例えば学校に海上保安庁の潜水士などが訪れて
水の怖さやもしもの時の対処法を
現場目線で教えてもらうことなど出来ないかと
意見も述べた上で質問しました。

さらに…
国民生活の安全を守るという強い気持ちで
省庁の壁や官民の壁を取り払って
きめ細やかな対応をしてほしいと
重ねてお願いして質問を終えました。
Chaoビックリマーク
『平山佐知子と創る音楽祭』
チケットのお申し込みはHPなどから。

インスタグラム更新中🎵
平山佐知子オフィシャルホームページ
By | 2019-06-06T17:41:16+00:00 6月 3rd, 2019|国会, 国土交通委員会, 活動報告|水難事故を防ぐために はコメントを受け付けていません。

About the Author: