/, 活動報告, 調査会/調査会にて

調査会にて

2019-03-02 

先日
『国民生活・経済に関する調査会』が開かれ、
豊かな国民生活の実現に向けた環境の整備
『地域コミュニティの充実』について
参考人に対する質疑を行いました。

この日の参考人は、
私の母校である日本福祉大学の
大学院特別任用教授の野口定久さんや
シェア金沢はじめ多数の社会福祉施設を
運営展開する雄谷良成さん、
NPO法人チュラキューブ代表理事
中川遥さんの3人。

まずは
参考人の皆様にそれぞれ20分ずつ
テーマに沿った内容でご講演いただき
その後、会派ごとに質問。

私からは
野口さんのご意見である
『コミュニティソーシャルワークは
従来の待機型相談援助ではなく
自分から相手の生活の場に入って
その中で援助する積極的な姿勢が求められる』
というお考えについて、
共感する一方で、
町内会にも入らず
近隣との繋がりが
希薄になっている傾向がある今、
具体的にどうやって積極的支援ができるのか、
繋ぐ役割を果たす人が足りないのではないかと
質問させてもらいました。
また
中山間地の問題や、
日頃、地元の方から相談をいただくことも多い
就労継続支援B型事業所について
参考人の方からご意見をいただきました。

3時間の調査会の中で
改めて、、、
地域という中で
支援を受ける人がいて
その人が今度別の場面では支える側となる。
人と人が支え合う地域づくりが
大切なのだなぁと感じました。

参議院ならでは機関『調査会』。
3年という長期に渡って
一つの大きなテーマを調査研究する
衆議院にはない機関です。

今回もじっくり学ぶことが出来ました。
地元にも持ち帰りたいと思います。
Chaoビックリマーク
インスタグラム更新中🎵
平山佐知子オフィシャルホームページ
ご意見などはこちらから。
2019-03-04T12:05:36+00:00 国会, 活動報告, 調査会|