ずっと気になっていた展示会へ

ようやく行くことができました。

答礼人形『富士山三保子』里帰り展。

o0800058813603822256

昭和2年

日米友好の証しとして米国から送られた

『青い目の人形』への答礼として、

静岡県から贈った日本人形

『富士山三保子(ふじやまみほこ)』。

o0800053413603822280

89年ぶりの里帰りです。

こうした交流

温かくていいなぁ。

会場には

県内に残る

『青い目の人形』の展示も。

o0428064013603822309

太平洋戦争がはじまり

全国的に処分の嵐が吹き荒れたものの

『人形に何の罪があるのか』と

ひそかに隠して保管され

残った人形たち。

o0428064013603822341
人形について書かれた記事も

展示されていました。

o0428064013603822362
どのお人形さんも

今に生きる私たちに

戦争について、平和について

必死に訴えかけているよう。

こうした交流があった事実、

またその背景や

当時の人たちの思い、

しっかり受け止め考えたいです。
富士山三保子展、

遠鉄百貨店では明日3月28日17時まで。

その後も県内各地を巡回展示されます音譜

入場無料

ぜひ間近でご覧ください