下田市

河津七滝へ

河津七滝へ

 
先日の下田の帰りニコニコ

久しぶりに河津七滝を訪れました。

河津七滝は
古い岩層の上に溶岩が流れ込み
その末端にできた滝。

悠久の時を感じるこの流れ。
ちょうど新緑が美しい今は
滝を眺めながら
ゆっくり歩くには最高でしたおねがい

『伊豆の踊子』の舞台としても知られる河津町。
初景滝の所には
『踊子』と『私』のブロンズ像が音譜

風景にも調和し、
小説の世界に入り込んでしまいそうラブ

マイナスイオンもたっぷり。
気持ち良かった~アップ

吸い込まれそうな滝壺を見ながら、、、
世の中の様々なうねりに
飲み込まれないよう
地に足つけて頑張るぞ!と、
なぜかそんなことを考えてしまいました口笛

こうして考え事も出来たのは
きっとリラックスできたからですねウインク

気持ちがすぅーっと

穏やかになるひとときでした。
Chaoビックリマーク
admin河津七滝へ
read more

河津トンネル起工式

河津トンネル起工式

 
新緑が美しいこちらは河津町逆川地区。

先日、河津トンネル起工式にお招きされ
行ってきましたニコニコ

今回掘削工事に着手する河津トンネルは
伊豆縦貫自動車道河津下田道路開通に向けての
大きな一歩となります。

ここに至るまでには
関係者はじめ地域の方など
多くの方の協力と努力があったと思います。
そんな皆さまに対して
敬意と感謝の思いを私からも
申し上げさせていただきました。

河津下田道路など
伊豆縦貫自動車道は、
地域の方々の生活の利便性や
観光、経済の発展のためにも
また
緊急輸送道路としてのいわば命の道としても
1日も早い完成が望まれています。

当日は与野党問わず
たくさんの国会議員も参加しましたが、
皆さま共通して
事業を確実に進め、
何より工事の安全を祈願していました。

人生2度目の鍬入れの儀。
鍬が意外と重くて、、、あせる
司会者の方から、(撮影のため)
『そのまましばらく動かないでください』と
言われましたが…
↓実はこの時、腕がプルプルなってました(笑)

頑張りました(笑)爆笑

いつの日か完成した際は
きっと感慨深いのだろうなぁと
未来の伊豆半島に思いを馳せました。
Chaoビックリマーク
admin河津トンネル起工式
read more

黒船祭へ

黒船祭へ

 
昨日は心配した雨もあがって
夏の日差しのもと、

第79回黒船祭記念式典が

下田公園開国広場で行われました。

私もお招きいただき初参加ニコニコ

ペリー提督が黒船で来航したのが1854年。
その後、
下田開港に尽くした先人の偉業をたたえ
昭和9年に始まった黒船祭。

私も交流の歴史に思いを馳せながら
花輪を奉献しました。

石碑に書かれた
『日米修好の基礎は下田に於て築かれた』
という言葉が印象的でした。

式典の途中、
参列していたアメリカ海軍の兵士が
熱中症で倒れてしまった時、
米兵の方と海上自衛隊の方が一緒に支え、
さらに日本の防衛省の方も支え
運び連れていく様子が
まさにこれまで共に歩んできた交流と絆を
物語るようで感動的でもありました。

そして、
記念式典後は公式パレード音譜
駐日米国大使のご家族や

ニューポート市副市長や川勝知事

それにまじって、、、

私も爆笑
パレードに参加しました。

沿道からは
本当に多くの方が手を振ってくださり
中には握手に駆け付けてくださる方もラブ

さすが下田最大のイベント。

私も興奮しました(笑)

30分ほどのパレードを終えて
皆さまと写真を撮ったり交流も。
楽しかった~。

川勝知事とも
ばっちりツーショット撮れましたウインク

平和に感謝。
素晴らしいお祭りでした。
Chaoビックリマーク
admin黒船祭へ
read more

昨日は

昨日は

 
 

昨日、本会議後、

同期のはまぐち誠参議院議員と
久しぶりの『平山ポーズ』を決めました爆笑

現場に駆けつけます!という意味で、
走っているイメージの平山ポーズ口笛
浜口さん、覚えててくれて嬉しい…
そして、さすが
バッチリ出来てます(笑)
実は
昨日は浜口さんの誕生日。

ということで、
うちの事務所の秘書さんが作ったオムレツに
私がケチャップでメッセージを書いて
プレゼントさせてもらったのですウインク

必死に書いてますが、、、
出来はというと、、、

爆笑爆笑爆笑(笑)
芸術的センス、
あまりありませんでした(笑)笑い泣き

まぁ、そこは気持ちでカバー、ですね口笛
同期はいつまでも大切な仲間。
お互い頑張りましょうアップ
そして、
その後は急いで静岡県の富士市へ。
大変お世話になっている企業さんを訪問し
今度は伊東市へ移動。

静岡県行政書士会定時総会懇親会に
お招きされ行ってきました。

私が到着した時には
すでに皆さん大盛り上がりニコニコ
会場では多くの方とお話することが出来
嬉しかったです。
さらに
昨日はまだまだ終わりませんあせる
最終的には下田に到着。

夜遅くにホテルに着いたので
昨日は全くわかりませんでしたが、
今朝部屋のカーテンをあけたら
↑こんな素晴らしい景色が広がっていました!!
続きはまた次回のブログで音譜
Chaoビックリマーク
admin昨日は
read more

パワースポット!?

パワースポット!?

 
先日訪れた下田市蓮台寺。
地元の方に
『公民館の急な階段を登った所にある
大日如来を見たことある?』と言われ、
どうしても見たくなり
急遽お願いしてご案内いただきましたニコニコ

風の音だけが響く
なんとも神秘的な空間が広がっていて感動。

国の重要文化財に指定されている
大日如来等身大座像。
地域の方々が大切に守っていらっしゃいます。

普段は公開されていませんが、
この日は特別に見せてもらいましたラブ

ふっくらとした穏やかなお顔と
うつむいた眼差しは優しげで
700年を超える月日…
何を見てこられたのかな。

運慶の作とも言われる大日如来像。
目の前にして
その美しさに
黙りこんでしまいました。

大日如来は
開運の大祖神だとのこと。

大日如来像を中心に
御神木にも見守られ
パワーがみなぎる不思議な場所でした。
まだまだ知らない所が
静岡県内にもたくさんありますねウインク
Chaoビックリマーク
adminパワースポット!?
read more

下田で国政報告

下田で国政報告会

 
昨日は下田市で
国政報告会を開催しました。

蓮台寺地区の公民館には
連休の中日にも関わらず
たくさんの方が集まってくださいました。

実は選挙の時、
『年に1度は国政報告に来ます!』と
お約束していたのですニコニコ
参議院議員として1年半が経ち
ちょっと遅くなりましたが
約束を果たせて、ホッ音譜

事前にご近所などを歩いて
平山が来ると告知してまわってくださったのは
大川としお下田市議会議員。
なんと10期目の大ベテラン!
こまめに歩く姿には
いつも学ばせてもらっています。

今国会で審議される法案についてや
私自身の現在の活動や政策についてなど
40分程度お話させてもらいました。
質問もたくさんいただき
とても充実した時間となりました。

会場の手配から事前準備など
地域の皆さんに大変お世話になりました。
ありがとうございましたアップ
さて、
写真は
河津桜まつりが開かれている周辺の様子。
まだちらほらですねぇ。

それでも
濃いピンクが青空にはえてキレイ。

まだまだ寒い日々が続きますが
春の訪れを感じさせてくれましたラブラブ
全国の皆さん、
見所たっぷりの伊豆に
ぜひ遊びに来てくださいウインク
Chaoビックリマーク
admin下田で国政報告
read more

下田へ

先日、沼津から三島、

そして下田へ行ってきました。

o0728064013612458397

残念ながら

弱い雨の降る天気雨…でしたが、

ホテルの部屋からの眺めは最高!!

しっとりとして良い感じですよね。

o0800053413612458425
温泉にもゆっくり浸かることができたし、

なんと言っても

朝食が↓↓↓

o0800053413612458461

食べきれませ~ん(笑)

豪華ですよね!?

干物も磯のり入りの味噌汁も

海苔の佃煮もお刺身も…etc.

全てが美味しかった。
やっぱりその土地のものは美味しいなぁ。
さらに沼津では

割烹『ぼんどーる』さんで…

o0800055413612458478

うなぎをいただきました。

大満足の美味しさと

盛り付けの美しさを堪能。
贅沢なひととき。

パワーつきました。

hirayamasachiko下田へ
read more

続、続、伊豆の旅

まだまだ続きますよ~、伊豆の旅 。

ステキなお宿・蓮台寺荘で

何とも豪華な朝食をいただいた後

すぐに出発。

2178

 

↑日米下田条約を

締結したところとして知られる

了仙寺へ。

2179

突然の訪問でしたが、

松井住職様が快く対応してくださいました音譜

2175

黒船ミュージアム、オススメです。

次に訪れたのは長楽寺。

こちらは、

日露和親条約が締結されたところです。

2177

左、天野住職様と

右、下田市議会議員の大川さんと。

改めて歴史を学びたくなりました。

そして

お昼は…(笑)

217

『新小林』さんへ。

偶然入ったお店でしたが、

お店の方が

以前、私が担当していたニュース番組を

毎日ご覧くださっていたとのこと。

21703

嬉しいなぁ。

優しい笑顔と言葉に癒されました。

あ、味噌ラーメンは

撮り忘れました(笑)

美味しかったです。

Chaoビックリマーク

hirayamasachiko続、続、伊豆の旅
read more