平山佐知子と創る音楽祭

お蔭様で、各地大盛況でした!!

2018年9月に三島、静岡、浜松の県内3ヶ所で開催された「第一回 平山佐知子と創る音楽祭」。幼少期から音楽との関わりが深かった平山佐知子が、静岡県に縁の深い音楽家の方とコラボレーションしたこの音楽祭。皆様のお陰で大盛況で終えることができました。

平山が想う・平和と社会への願い

平和というのは、子供たちの笑顔があること、そして、何よりも音楽がゆっくりと聴ける環境があることだと感じています。

生れた環境によって音楽を好きな時に楽しめないということは決してあってはならないと思っています。

誰もがゆっくりと音楽が楽しめる、また子供たちが夢を持ち笑顔で暮らせる社会を作っていくため全力を尽くします。

世界で活躍する和太鼓奏者・沼津市出身のはせみきたさんは、年間の3分の1を海外で演奏しています。今回は舞台の総合演出もお手伝いして頂き、チームを笑顔でまとめてくださいました。

洗練された筋骨隆々な身体を使ってダイナミックかつ繊細に演奏するとても美しい打ち姿。様々な太鼓で和太鼓の魅力を存分に伝えてくださいました。太鼓だけとは思えない音楽性の充実と表現力に会場が心を打たれました。

静岡市出身のピアニスト、入川舜さん。

7年間フランスのパリで演奏活動するなど研さんを積み、今年始めに帰国。

リハーサルでは、ピアノと語り合うように、また丁寧に向き合う姿勢が印象的でした。

本番のステージでは、クラシック初心者でも興味を持ってもらえるよう、作曲家や楽曲に関する豆知識などを織り交ぜたトークをはさみながらの演奏は圧倒的で、会場全体が魅了されました。

「静岡の名手たち」に選出されるなど静岡県内の活動を中心にスペインやドイツなど世界でも活躍するテノール歌手の村上達哉さん。会場全体に響き渡るイタリア・オペラ・アリアの歌声に観客からはブラボーの大喝采!その歌声はもちろんのこと、場を和ませる笑顔と明るいキャラクターに誰もが村上さんの大ファンになりました。

静岡音楽館AOI第16回「静岡の名手たち」に合格され、数多くのステージに立つなど活躍されているソプラノ有賀美聡さん。

県内を中心にスペインなどでも活躍されています。

ステージでは、特にソプラノならではの素晴らしい高音、本物の美声に観客もうっとり。

一気に本格的なオペラの世界に惹き込まれました。

また、テノールの村上さんとは実はご夫婦。お二人の日常生活の話も交えながらのトークはほのぼのと温かく、会場全体が笑顔に包まれました。

県内の高校をご卒業され、現在は大学で講師なども行っている伴奏の田中友美子さん。

県内での活動が中心でソロ・合唱・室内楽などの演奏や伴奏、さらに後進の育成に力を入れています。テノールとソプラノ、お二人のかけあいがあるようなシーンでは、歌手の表情や雰囲気をよく感じ取りながら演奏していました。

最後は出演者全員でのコラボレーション。

会場を巻き込んでの「フニクリフニクラ」は大いに盛り上がりました!!

和太鼓とピアノ、オペラという和洋折衷?!奇跡の共演は、世界初かもしれません。

フィナーレは故郷思いを馳せて・・・ステージも観客も全員一体となった「富士山」の合唱。

感動冷めやらぬ雰囲気のまま、初めて開催した「平山佐知子と創る音楽祭」を締めくくることができました。

お越しくださった皆様のご支援に感謝の気持ちを忘れることなく、ご期待に応えられるよう引き続き頑張って参ります。今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。

ありがとうございました。

2019年秋 第二回平山佐知子と創る音楽祭開催決定!!

Coming soon…

武下州博平山佐知子と創る音楽祭