2021-01-04

先日、浜松市で、
『大切な人を亡くした方の会~つなぐ~』の
代表鈴木さんと
スタッフで臨床心理士の中島さんに
お会いする機会をいただきました。
また、新型コロナ対策ということで
もうお一人の方は磐田から
Zoomを通してお会いしました。
『つなぐ』は、
大切な人を亡くされた方の遺族会であり
分かち合いの場として、
今はオンラインで毎月1回
会を開いていらっしゃいます。
お話をうかがうと、
日本では、心のケアなどは諸外国に比べて
全般的に遅れていると感じているそうで
苦しみの中にいる方に対するケア等は
置いておかれることが多く
対処が遅れることが懸念されるとのこと。
また、通常遺族会は、
病気等で亡くされた方と
自死で亡くされた方と
会が分けられているいることが
全国的にもほとんどなのですが、
『つなぐ』は、どんな形であれ
みんなで思いを分かち合えるような会を
つくっていきたいという思いを
持っていらっしゃいます。
ただ、そのことによる(全国で先例がないため)
補助を受けられないといった悩みもあり
今回様々ご意見をいただきました。
悲しいことですが、
誰もが経験する家族や身近な方の死。
他人事ではなく、
しっかりと自分事として考えなければならないと
改めて勉強させてもらいました。
また見えてきた課題については
早速、省庁や国会図書館に問い合わせし
今後も一緒に考えていけたらと思っています。
今年も感染症対策を万全にしながら
時にはオンライン等も活用して
皆さまの声を聞いて参ります。
Chaoビックリマーク
インスタ更新中🎵