2021-11-04

先日、掛川市のさんりーな武道場で
第一回掛川市ミニボッチャ交流大会が
開催されました。
掛川市ボッチャ協会創設会長で
掛川市議会議員の山田ひろしさんと。
山田市議は6月議会で
『ボッチャのチャは掛川茶のチャ。
掛川でもボッチャはじめ
パラスポーツを推進していこう』と提案され
今回の交流大会に繋がりました。
東京パラリンピックでは
伊東市の杉村選手が金メダルを獲得するなど
盛り上がりましたよねアップ
その金メダル効果もあってか
この日も予定を上回るたくさんの子どもが
参加しました。
掛川市チャレンジドスポーツ協会理事長の
小林由貴美さんにも様々お話うかがいましたが、
ボッチャは障がい者も子どもも大人も高齢者も
みんなが一緒にプレーでき、
また、室内でも出来るスポーツなので
多くの方から『やってみたい』という声を
もらっているということです。
この日はボッチャ初めてという子が
ほとんどだったので、
ボールは公認球を使いましたが
コートは公式大会より小さなミニコートで
行いました。
ルールは簡単。
ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに
赤と青のそれぞれ6球ずつのボールを
投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして
いかに近づけるかを競います。
そして…
自慢じゃありませんが、、、ボールを投げて
コントロールよくいったためしがない私も(笑)
せっかくの機会なので挑戦。
奇跡的にびっくり
1球目から目標球すぐ手前に
ナイスなボールを投げることができ(笑)
楽しめました。
また参加してみたいですね音譜
体育館隣ではトランポリンの練習中でした。
子どもたちの見事な演技に思わず拍手!!
一生懸命頑張る姿は感動しますね。
地域のスポーツ、パラスポーツを応援しています。
Chaoビックリマーク
インスタ更新中🎵
平山佐知子オフィシャルサイト