2020-02-03

先日、ご紹介いただき
介護老人保健施設『萩の里』へ
行ってきました。
お忙しい中で集まってくださった皆さま。
現場の声を聞かせてもらいましたニコニコ

医療法人社団『秀慈会』が運営する『萩の里』は、
症状は安定しているものの
常に介護を必要とされる高齢者の方に対して、
リハビリや看護、医療ケア、
レクリエーションなどを提供し
家庭復帰を目標に取り組む施設とのことです。

施設内はとても清潔で、
スタッフの皆さまも明るく
リハビリマシンなども整っていました。

会議室では、
理事長はじめ介護福祉士の方など
スタッフの皆さま1人1人と意見交換。

医学療法士の方からは、
『施設の中に専門家が閉じこもるのではなく
例えば健康教室を開催したりするなど
積極的に外へ出ていく活動も必要ではないか、
それによって地域の
横の繋がりができるのではないか』
というご意見をいただきました。

ほかにも、
『実感として認知症の方が増えていると思うが
独居が多く、家族等の関わりもないため
症状が重くなってから発覚することがある。
もっと初期の段階で取り組めば
良い結果もあらわれると考えるので
地域で情報が密に取れるような仕組みを
考えるべきだ』など。
多くの前向きな声も聞くことができ
非常に有意義な時間となりました。

また、ベトナムからの静岡大学留学生で
今アルバイトとして施設に入っている
タンロンくんは
『外国人の技能実習生が学ぶことで一番は
日本語だと考える。
だからしっかりと勉強するように
資格取得を厳しくするべきだ』
というご意見もいただきました。
そういうタンロンくんは
めちゃくちゃ日本語が上手で、、、

演歌歌手としてCDも出されていましたラブ
皆さま、貴重なご意見ありがとうございます。
しっかりと前に進めて参ります。
Chaoビックリマーク
インスタ更新中🎵
平山佐知子オフィシャルホームページ