2020-09-23 16:01:00

台風12号の接近にともなって
東海や関東甲信、東北の太平洋側を中心に
25日にかけて雨が強まり大雨となる恐れがあります。
皆さま、土砂災害や低い土地の浸水
川の急な増水などに警戒をお願いいたします。
さて、
9月20日から26日は動物愛護週間です。
これは、国民の間に広く動物の愛護と
適正な飼養についての理解と関心を
深めてもらうため動物愛護管理法によって
定められているものです。
平山事務所には保護猫のまるくんがいますが、
まると接しながらも、日頃から、
人と動物が共に幸せに暮らせる社会とは
どうあるべきかを考えています。
今年7月10日には
小泉環境大臣が飼養管理基準の案について、
動物目線の基準とすることができたと考えている
と記者会見で述べられたように
言葉を発することができない動物たち…
出来るだけその目線に立って考え続けることが
大切だと私も思っています。
↑参議院環境委員会調査室や
動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会の
資料を読んでいますが、
2019年に成立した改正動物愛護管理法で
犬猫販売業者に係る遵守基準は
できる限り具体的なものでなければならないとされ
この第一種動物取扱業者が遵守すべき基準に係る
改正の施行日を2021年6月1日とする政令が
閣議決定されています。
その後、8月12日、
動物取扱業者が遵守すべき基準について
検討していた環境省の検討会において
飼養管理基準として定める事項案が
取りまとめられています。
これに関して、
私のもとにも多くの団体、個人から
この基準案についてご意見をいただいています。
また
ボランティアで犬猫の保護活動をしている方や
行政、獣医師など現場の皆さまの声を
広くうかがっています。
環境省が基準案のポイントとして、
悪質な事業者を排除するために
事業者に対して自治体が
レッドカードを出しやすい
明確な基準とするということなどをあげています。
私は、こうしたことに加えて
それぞれの動物の大きさや健康面
さらには習性などはみんな違うわけですから
そうしたこともあわせて考えていかなければ
ならないと思っています。
まさに動物目線ですね。
さらには
改正法では
獣医師の虐待通報が義務づけられていますが
これに関しても現場からは
通報を安心してできるような指針を示すよう
ご意見も実際いただいています。
いずれにしても
関係各所がしっかりと連携を取りあい
基準を決めたら終わり…ではない
不断の見直し、努力も必要だと考えます。
Chaoビックリマーク
インスタ🎵
平山佐知子オフィシャルサイト