2020-09-10

先日、
牧之原市の丸新柴本製茶さんを訪ねてきました。
↓丸新柴本製茶のお茶を手に皆さまとニコニコ
以前、NHK静岡時代のキャスターの先輩から
『牧之原市で、お茶を製茶する工程で出る
葉や茎などの残りかすを肥料にして
美味しいパプリカを栽培している
若い方々がいらっしゃる。
ぜひ話を聞いてみては?』と
紹介いただいたのです。
ハウス内には鮮やかな赤や黄色のパプリカが。
『和ぷりか』という名前がついています。
パプリカ生産販売責任者の五野上唯さんに
話を聞いたところ、
元々は五野上さんのおばあ様が、
茶工場の工程で出るお茶の残りかすなどを
野菜の畑にまいていたのを参考に
パプリカを作ってみたのがきっかけとのこと。
お茶には殺菌効果もありますし、
以前は捨ててしまっていたものを利用して
安心安全、美味しいものが出来れば
それほど魅力的なことはありませんよねニコニコ
そして、この和プリカ、
びっくりするほど味が濃く甘~く
美味しいのですラブ
今後も、食の都静岡県から
この和ぷりかをより広く発信していければ
素晴らしいですね。
和ぷりかは
県内では静鉄ストアやスーパー田子重などで
販売しているそうです。
また、ネット販売もされているようなので
気になる方は
ぜひ一度味わってみてください!
↓↓↓
インスタ更新中🎵