2020-07-21 

先日高校生の来客がありましたニコニコ
災害時、障がい者をも取り残さない
迅速な避難誘導と的確な災害支援を可能にする
未来の次世代防災システムを構築するため
今研究を重ねているとのこと。
ぜひ話を聞き意見をもらいたいと
事前にアポイントを取って来てくれました。
研究のきっかけとなったのは東日本大震災。
健常者よりも障がい者は
その2倍も死亡率が高かったというデータを見て
当時の障がい者に対する防災マニュアルでは
救うことが出来なかった現実に
考えさせられたという。
ご自身も
普段の生活では援助は必要としないものの
視覚障がいがあり
当事者としての感覚も持ちながらの研究です。
構築中の次世代防災支援システムは
ドローンを活用します。
簡単に言うと…
ドローンや地域からの情報をリアルタイムで集積
→AIで分析→整理された情報を
行政、病院、報道など様々な機関に瞬時に提供します。
さらにドローンからは光や音が発せられ
視覚障がい者の方なども
安全に避難誘導することができるというもの。
災害が続く今、こうしたシステムの開発は
急務であり必要不可欠だと訴え
今出ている防災アプリ等も研究するなど
大学に行っても幅広い知識を身に付けたいと
力強く語ってくれました。
今はライトを搭載したドローンを飛ばす実験等を
時間帯を変えて繰り返し行っているそうです。
事務所内でもドローンの実演をしてもらいました。
わかりますか?
↓ここにいますニコニコ
今ドローンは様々なものがあるのですね~。
ドローンに写真や映像も撮ってもらいました。
こうした若い方々の感覚はすごいですね!!
しっかりした考えとその集中力、
そして強い意気込みにただただ感動し
未来の次世代防災システム構築に
期待したいと思います。
高校3年生、夢に向かって頑張ってアップ
応援します。
Chaoビックリマーク
インスタ更新中🎵
平山佐知子オフィシャルホームページ