2021-09-15

県内それぞれの企業が、
環境にどう取り組み
また2050年カーボンニュートラル実現に向けて
企業としてどんな長期目標を立てているのか、
一方、難しい(課題)と考えている部分は
どういうところなのか…など現場の声を聞き
今後の国会議論に生かすための活動を
独自にさせていただいています。
その中で、、、
少し前のことですが、
容器メーカーのパイオニアとして
飲料や缶詰めなどの食品、
生活用品を入れる缶など幅広く作っている
大和製罐様を訪ね話を聞いてきました。
この日訪れた大井川工場と清水工場では
主に飲料缶の工場ラインを見学しました。
環境への取り組みとして
かなり以前から省エネ活動など
それぞれの社員も含め進めてくださっているとのこと。
意識が高くて素晴らしいです。
また缶についても
軽量化や製造工程での排水の再利用、
再資源化しやすいスチール・アルミ缶の開発など
あらゆる面で配慮されています。
リサイクル率90%を超え
素材としての再利用が確立されている
環境に優しいスチール・アルミ缶。
私たちの暮らしでも身近な製品が
使った後にしっかりと分別回収されれば
何度でもリサイクルされ新たな製品として
世の中で活躍する…
循環型社会を築いていくことが大事ですね。
この日、
質疑応答の中で伺った課題点などについては
今後環境委員会等、国会で議論していきたいと思います。
Chaoビックリマーク
インスタ更新中🎵
平山佐知子オフィシャルサイト