2021-10-15

企業が日頃環境にどう配慮し事業を行っているか、
現場の声を聞き今後の国会議論に生かすための
視察活動を独自に行っています。
先日は、藤枝市にある
株式会社藤枝農産加工所を訪れました。
藤枝農産加工所は、
缶詰製造やパウチ製造など
豊富な経験と技術力を備え
安全で安心な食品の提供をしている会社です。
↑パンフレットを見ると
普段身近に食べている缶詰などがズラリ。
こちらで作られていたのですねぇニコニコ
視察では、注目していた
バイオマス燃料製造設備も見せてもらいました。
フルーツ缶詰等の製造工程で廃棄される
高濃度のシロップを有効活用し
効率的に処理することで燃料に転化。
またメタンガス等に変換することで処理水を分離、
放流可能な水質にまで処理します。
限りある化石資源エネルギーを
バイオで発生するガスで代替することによって
資源が節約される上、
二酸化炭素の排出量も削減されますから
環境に優しいシステムですね。
太陽光パネルもあわせて見せてもらい
勉強になりました。
そして、工場内の加工工程も
丁寧にご案内いただきました。
最新鋭の設備(ハード)と人(ソフト)による管理。
こうして徹底的に選別をし提供されているのですね。
『ここまでやっているのか!』と少々驚きました。
↓コーンの色彩選別、目視検査。
小さな粒を確認していくのは本当に大変でしょうねあせる
食べ物に感謝していただかないと…。
また、最近はテトラパックの紙容器入りの食品も
増えていますよね。
テトラパックの紙容器は
FSC認証を取得した原紙を使っています。
FSC認証は、
持続可能な森林活用や保全を目的に誕生した
適切な森林管理を認証する国際的な制度です。
こうした認証マークや仕組みなども
事前に知っていれば
環境に優しい消費行動を取ることができますね。
私は以前から環境に優しい製品であることを
もっとわかりやすく表示すべきだと考えていて
国会でもこれまで具体的にご提案し訴えています。
誰もが、環境に配慮する行動を
それほど意識していなくても
自然に取れるような社会にすることが大事です。
引き続き頑張ります。
Chaoビックリマーク
インスタ更新中🎵
平山佐知子オフィシャルサイト