2021-09-03

菅総理大臣は、自民党総裁選に立候補しないことを表明されました。
これで総裁としての任期が満了するのに伴って
退任されることになります。
この発表を聞いてまずは大変驚いたというのが
正直な気持ちです。
ずっと立候補すると意欲を示されていましたから。
ただ、会見で総理がおっしゃっていた
『コロナ対策と総裁選の選挙の両立には
大変なエネルギーが必要になる。
今はコロナ対策に専念したい』という思い。
これは、国民の命と暮らしを守る
一国の総理大臣としては私は正しい判断だと考えます。
一方でコロナ対策に関しては
感染拡大が抑えられていない現実を
直視しなければなりません。
新たな変異株も出てきていますし
ワクチン接種も若い世代や働く世代には
地元静岡県を見ても行き渡っていない。
特に医療的ケアが必要な子どもたちも通う
特別支援学級の教職員の皆さまの中にも
接種を受けたくても受けられない方がいらっしゃることも聞いています。
総裁選等で政治空白をつくるということは
決してないようお願いしたいということと、
感染対策はもちろん、経済対策含め
もう一度、あらゆる力をコロナ対策に注いでいかなければならないと考えます。
緊急事態宣言が続いている中、
皆様の生活も様々制限され心身ともに
辛く厳しい状況だとお察しします。
これまでのお一人お一人のご協力に
心から感謝を申し上げ、
どうか引き続きの感染対策をお願い致します。
インスタ更新中🎵
平山佐知子オフィシャルサイト