2019-09-25

先日、
富士川河川敷で
『ふじのくに三世代交流ふれあい紙まつり』が開かれ
私も行ってきました。

この日の富士山は
雲の切れ間からその姿が少し見える程でしたが、
トイレットペーパーで作った富士山は
キレイに積み上がり
青空に映えていましたニコニコ

さて、
この紙まつりは
地元の企業である
コアレックス信栄さんが
毎年開いているものです。

コアレックスは
独自の古紙再生技術によって
地域や消費者の方々に寄り添う紙づくりを
実践している企業です。

環境への貢献に取り組み続ける
まさに『未来に繋がる』紙のリサイクル。
家庭から古紙を持ってきて
トイレットペーパーに交換する人の姿も
見られました。

毎年訪れていますが
今年は特に人が多かったかなおねがい
後でうかがったところ
1万人以上はお越しになったとか音譜

そして、今回展示してあったこちら。
2020年の東京五輪を前に
事前合宿のためスペイン空手チームが
ホストタウンの富士宮を訪れた際、
使われた紙皿などをコアレックスが回収し
再生、供給した時に使った車です。
これからも循環型社会の実現に対して
来年は東京オリパラでも
力を発揮していただきたいと思います!
Chaoビックリマーク
インスタ更新中🎵
平山佐知子オフィシャルホームページ