2019-10-31

先日、
『進化する歴史』勉強会に参加してきました。

令和となった今
改めて令和への教訓を探すため
さかのぼって昭和の時代を
見つめ直すべきではないか、
実証研究の成果で昭和史の解釈が
年々更新されているから
その部分を学ぼうではないかという勉強会です。

この会代表の
加藤勝信衆議院議員からも
変化を認識することが大事であるといった
ご挨拶があり、それに続いて…

この日は
防衛研究所研究幹事の
庄司潤一郎さんをお招きして
『日中戦争の再検討』をテーマに
講演をいただきました。

10年ほど前に公開された
『蒋介石日記』から読みといた新説や、
日中戦争は長年
陸軍の主導で全面戦争に入っていったという
考え方が主だったが、
むしろ海軍が積極的に動いたことに
近年焦点が当てられつつあるといった話など
お話を聞きました。

複雑な過程をたどった昭和。
今後に生かしていくためにも
最新の学説をふまえた
理解を深めなければならないと改めて感じました。
インスタ更新中?
平山佐知子オフィシャルホームページ