2021-08-12

先月、静岡市の静岡デザイン専門学校
通称『シズデ』を訪問させてもらいました。
洋裁学校として誕生した昭和2年から続く
歴史ある学校で
この日は校長の久保田香里さんに
お会いする機会をいただきました。
地域社会と繋がった様々な場で
デザインのチカラを若い皆さまが発揮している
シズデに以前から注目していたので
この日は様々な話が聞けて有り難かったです。
コロナ禍で学校としては
ご苦労も多いのではないかと伺ったところ、
もちろん中止したり縮小したり色んなことがある中だが、
一方で、オンライン化を進めたり
ペーパーレス化が進んだり
むしろ前向きに
教職員も講師陣も学生たちも
新しい学び方に対応しながら
次々に新しい挑戦に向かうことができた、と。
結果、日本代表として国際大会へ出場する切符を得たり、
売れずに廃棄される花を何とか活用しようと
新たなプロジェクトを立ち上げたり、
卒業制作展の新しい表現方法を生み出したり…
どんな状況、時代にも対応できる
しなやかさと明るさと強さが実践力として
さらに身に付いたとお話くださいました。
↓玄関にあったこののぼり旗。
『医療従事者へ、感謝のエールを!』
自分達のデザインや活動が
人に喜んでもらえることや
デザインで笑顔をつくる、そんな人になりたいと
常々テーマにしているとのこと。
素晴らしいですね。
実は、NHK静岡のキャラクター『しずくん』も
シズデの学生さんの作品。
私も当時しずくんの選考に携わったことを
懐かしく思い出しましたおねがい
地域や企業、行政とも繋がりながら
街を元気にする若いデザインのチカラに
今後も期待し応援していきます。
Chaoビックリマーク
インスタ更新中🎵
平山佐知子オフィシャルサイト